市川拓司 著


市川さん独特の,ちょっとしたファンタジー。


愛を信じる奇蹟のお話。


素敵なお父さん,主人公と二人の幼なじみ,犬など,
いいなぁと思う要素がふんだんで,すんなりと物語に入ってゆけました。

思いやりに満ち,読んでいてあたたかい気持ちになる。

が,ラストまでの道のりが予定調和に感じて,
感動はするものの,涙を流すには至らず。


映像化に向いてそう。



映画版の感想




そのときは彼によろしくそのときは彼によろしく
市川 拓司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そのときは彼によろしくそのときは彼によろしく
市川 拓司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools