舞台は1897年のペンシルヴァニア州。
深い森に囲まれるようにして存在する一つの村。
ain3_5.gif
そこには3つの掟があった。

「森に入ってはならない」「赤い色を封印せよ」「鐘の音に注意するのじゃ」

どれかを破った時,語ってはならないものが森からやってきて恐ろしい目に遭うと信じ込まされ生きる住民たちだったが,やがてその掟が崩壊してしまう・・・

果たして恐怖の正体とは何なのか?
外の世界は存在するのか?


ラストのオチを期待してしまうシャマラン監督の最新作らしく,
サスペンス風に宣伝されていますが,実際はラブストーリーでした。

何が起こるのか十分に引き付けておいて,
大音量でびっくりさせる音の驚きはあっても,
恐怖,サスペンスの怖さは全く無し。

良い加減「シックスセンス」の再来みたく宣伝するのは止めた方が・・。


盲目の役には見えなかったけれど
女優としてのオーラを感じたブライス・ダラス・ハワード。

愛する気持ちで心が大きい寡黙な青年ホアキン・フェニックス。

村の秘密を知ってしまう重要な人物を演じたエイドリアン・ブロディ。

ウィリアム・ハート達のベテラン俳優よりも,
この三人が劇を引っ張っていて見応えがありました。


凍った湖面を歩くように,
掟を破らない事に縛られ生きている村人たちは,
互いに向き合っていない薄っぺらな関係。

だからノアを救えなかった。

悲しみから逃げて現実逃避をしても,いつまでも続かない。

現代社会にいても何ひとつ良い事は無い。
むしろ悲しい事だらけだ!とする大人たち。

止む無く外界に行かざるを得ない事態が起こるが,
外の世界が侵入し,この理想郷が壊れるのを恐れて,盲目の者に行かせた。
結果,視覚では見る事が出来なかったけれど,
彼女は耳で肌で新世界を感じて帰ってきた。

村の生活がそう遠くない将来に破綻するだろう予感を漂わせるラストが巧い。

恐怖は伝染し,蔓延し人々を縛るけれど,立ち向かわなくちゃいけない。
その原動力は「愛」とするメッセージは伝わるものの,
村そのものの歴史に深みが感じられず,セリフのどれもが陳腐に聞こえる。

だから,いまいち心に訴えるものがなかった・・・

大好きな画家ワイエスの絵に似せて作られた風景ということで,
期待していましたが,住みたいと憧れるような景色じゃなかったし・・

役者達の演技と演出のおかげで,最後まで楽しめますが,
全体にあっさりしていて,ドキドキ感が無くて残念。


追記
・いつものようにシャマラン監督がカメオ出演:森の外,管理室で新聞を読む男


・怪物はチャパカブラみたいでした。(笑)



原題:THE VILLAGE

監督:M・ナイト・シャマラン

出演;ブライス・ダラス・ハワード,ホアキン・フェニックス,
   エイドリアン・ブロディ,
   シガニー・ウィーヴァー,ウィリアム・ハート 他

上映時間:108分





B0001A7D0Eヴィレッジ [DVD]
ポニーキャニオン 2005-04-22

by G-Tools