ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ソニックは華やか。周りが地味。
ain3.gif


日本生まれの人気ゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を実写映画化。


ゲームはけっこう難しかったな。
スピードを使いこなせなくてクリアを諦めた苦い思い出がある。。


スクリーンで動き回るハリネズミのソニック、もふもふで可愛い。

キュートさは、「名探偵ピカチュウ」に匹敵。


持ち前の快速を見せつけ、目にも留まらぬ速さで疾風迅雷に駆ける姿を見事にビジュアル化されていて、それだけで満足。

少年のように純真な好奇心を表現する中川大志の吹替もうまかった。


ソニック単体に焦点を絞ると楽しさが思い返される。
だけど、彼を取り巻くキャラは至って普通・・・。

音速ソニックは、クイックシルバーとそっくりだからX-MENシリーズのジェームズ・マースデンが配役されたのかな。

ソニックを助ける良いやつやけどよくある造形だし、ジム・キャリーはいつも通りだし・・・。

 (飛ばされた先の行動は、Dr.STONEっぽくてちょっとだけワクワク)


お、茶色いの登場。
懐かしいわ。


地球で暴れ回らさず、ゲームのままサウスアイランドを舞台にリング集めに奔走するアドベンチャーにしてほしかったなぁ。



原題:Sonic the Hedgehog

監督:ジェフ・ファウラー

出演:ベン・シュワルツ(吹替:中川大志)、
   ジェームズ・マースデン(吹替:中村悠一)、
   ジム・キャリー(吹替:山寺宏一) ほか

上映時間:100分




ガンバ大阪とのコラボ!













ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ