ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
最終回とまとめ


工夫して尺を伸ばした最初の作品。
唯一無二の映像を目指す始まりなんやから、フルでちゃんと見せてほしかった。。


人気コミックを実写ドラマ化。

3人の女子高校生による映像研究同好会(略して「映像研」)の部活動を描く。

主演は、乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波。


先頃OAされたアニメ版の記憶が鮮明で、実写に違和感。初回冒頭の賑やかさ引き気味になった。
でも慣れてくると、自然と笑顔になって画面を見つめていた。

創作意欲に溺れだす展開がやっぱり面白い!


2話、1軍からランクが下がってゆく部室に笑った。

増えすぎた部活の対応に苦慮する生徒会の苦労もちょっと分かる。

それぞれの部活は、ただ楽しみたいだけなんやけどね。


主役の3人が合ってた。

浅草みどり(齋藤飛鳥)
金森さやか(梅澤美波)
水崎ツバメ(山下美月)

浅草の極度の人見知りゆえの挙動不審ぶりが可愛い。

金森がいないと前に進めない浅草と水崎。


BGMうるさく感じて、台詞が聞こえずらいのが残念。



VS生徒会を経て、3人の活動はもっと活発になる。
今後が楽しみ。

全6話の実写ドラマの次は、劇場版。

期待して待つ!



監督:英勉

出演:齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月 ほか

放送:TBS系 2020年4月6日〜全6話
https://www.mbs.jp/eizouken-saikyo/