ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
悲しみの最終回。


「手紙」「ルミナリエ」、エンドロール後の「終」に涙。

なんで、こんなに良い先生を病魔が・・・。


1995年(平成7年)に起きた阪神・淡路大震災で、被災者の心のケアに尽力した実在の精神科医 安克昌をモデルにしたドラマ。


「令和元年版 怪談牡丹燈籠」の二人(柄本佑&尾野真千子)が、慈愛に包まれた夫婦の絆を届けた。


安克昌先生を演じた柄本佑の、好演が素晴らしい。

精神科への抵抗感、偏見がまだあった時代に、心に傷を負った人たちを置き去りにせず寄り添って、穏やかな人柄で向き合い、癒してゆく姿が真摯そのもの。


「しんどさを出すのは弱さじゃない」


傷ついても生きやすい世の中に、いつかなってほしい。



演出:安達もじり、松岡一史、中泉慧

出演:柄本佑、
   尾野真千子、
   濱田岳、
   森山直太朗、
   上川周作、
   浅香航大、
   趙ο臓
   濱田マリ、
   平岩紙、
   石橋凌、
   キムラ緑子、
   近藤正臣 ほか

放送:NHK総合 2020年1月18日 - 2月8日
https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/