ブログネタ
おすすめゲーム に参加中!
PS4用ゲーム


プレステ4デビューした!
IMG_2603


プレステ3に比べてめっちゃコンパクトでびっくり。
3色ケーブル不要になったのね!

コントローラーのボタンひとつでプレイ画面をシェアできるのがすごい。
https://www.playstation.com/ja-jp/explore/ps4/







「Death Stranding(デス・ストランディング)」

小島秀夫監督の新作!
コジマプロダクション初作品!
http://www.kojimaproductions.jp/



セカンド・インパクトじゃなくて「デス・ストランディング」という現象が起こり分断された世界を、主人公サムを操作して繋ぎ直すストーリー。


パイルスケルトン&パワーグラブを装備して滑りにくくなってからの、雪山が楽しかった。
せっせと歩いて、山頂にジップライン設置。


ゲームの目的は、「荷物運び」。

依頼を受けて目的地まで運ぶ。
荒涼とした大地を、徒歩でこつこつと!

伊能忠敬の気分で。


配送途中でセーブして、ゲームする時間を作れず数日経つと配送待ちの人が気になってしまう。


受け取り側のさらっとした態度が・・・。
苦労して運んできたんやで。


配達側に立ち、届ける行動をプレイすることで、ゲームの作り手たちの苦労や達成感、やりがいにまで思い至った。


社会は、配達網と通信の整備によって成り立っていくことを実感。


敵を倒すだけじゃない新鮮な感覚。
これまでにないジャンルのゲーム。


オンラインにしていると、フィールド上に他プレイヤーが建てた建設物が利用できる。
自分だけじゃない心強さが、めっちゃ嬉しい。

こんなオンラインの使い方があるんだと感動。


ストーリーは、哲学的SF。

破滅を防ぐ繋ぎ直しを通して、死者への悼みと、生者への応援を伝える。


生死の境なく、誰しもが”橋”なんだ!



ジャンク屋&カイラル・アーティスト、ママーとハートマンのエピソードが印象深い。


本編が終わると、ノーマン・リーダス、レア・セドゥ、マッツ・ミケルセン、ギレルモ・デル・トロに親近感が湧いた。


クリア後の、「エピソード15」は自由時間。
クリフとの再戦や、やり残した依頼、国道再建などで、まだまだ遊べそう。

深淵なドラマを見届けたあとに始められるから、配達の一歩に勇気を感じた。



アメリカ以外の世界も気になる。

「時雨農場」の奥にある鳥居は、「日本繋ぎ直し」編への布石かな?だったらいいな。

日本を再建しながら、サムとBBの魂を色濃くしていく道程が見たい。
BTは妖怪のかたちだったりして。





PlayStation 4用ゲームソフト「Death Stranding(デス・ストランディング)」
http://www.kojimaproductions.jp/death_stranding.html

https://www.playstation.com/ja-jp/games/death-stranding-ps4/


「命削って作ってきたんでね」小島秀夫56歳が明かす『デススト』誕生までの“誤算と孤独”
https://bunshun.jp/articles/-/20417

「DEATH STRANDING」発売直後の小島秀夫監督インタビュー“いいねで繋がる無償の愛を届けたかった”
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1217659.html