ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
寅さんは不滅!
ain4.gif


11/29 豊中市先行上映会にて
http://www.toyonaka-hall.jp/event/event-15503/

上映前に山田洋次監督の舞台挨拶!

聞き手は、浜村淳。
トーク割合は、6:4、いや7:3かな。(少ないほうが監督)

監督は、俳句が得意だった渥美清さんとの思い出話などを語ってくれました。

トーク後は、記念撮影。
(写ってる!
画面右部分の真ん中あたり。青いダウン。隣のマスクは母)




「男はつらいよ お帰り 寅さん」

邦画の名作シリーズ「男はつらいよ」の50周年を記念して、シリーズ50作目が誕生!


満男(吉岡秀隆)の現在をメインに据えて、さくら(倍賞千恵子)、博(前田吟)たちの健在を知らせ、彼らが生活する中でふとした瞬間に寅さんを思い出す構成。

満男が初恋相手、イズミ(後藤久美子)と再会。
恋、復活か!

なんてゆうドキドキも。


以前、NHK BSで放送された撮影風景で山田洋次監督が「吉岡は童顔だから、経年がわかりにくいんだよな」と。

ほんとにその通り。
吉岡秀隆の変わらなさっぷりに感動。

そのことが、寅さんが帰ってこないまま時が止まっている感に一役買っている。

イズミに再会できたことにも背中押され、決意に動く終盤。
満男が娘からかけられる言葉にグッときた。

娘ええ子や。


満男から妻への思い、愛情がいまひとつ薄く感じたところだけ不満。


寅さん登場の映像が必見。

4Kデジタルで修復された過去作の名場面が、驚くほど鮮明。

明瞭だから、回想シーンが多くてもげんなりしない。

今でも生きていて、ひょっこりと現れてくれるような豊かな存在をもって車寅次郎がスクリーンに!


寅さんの色あせない魅力に感涙。

哀愁を帯びた懐かしさに満ちていて、しんみり。。


数多くの人情をありがとう寅さん!


懐古を背負って、人間は前を向く!




12月27日 全国ロードショー
https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/movie50/



監督:山田洋次

出演:吉岡秀隆、
   後藤久美子、
   桜田ひより、
   池脇千鶴、
   夏木マリ、
   浅丘ルリ子、
   橋爪功、
   前田吟、
   倍賞千恵子、
   渥美清 ほか

上映時間:116分





























ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ