ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
最終回とまとめ


桑原くんよかった。
その後も、逃亡者に刺されるんじゃないか、クラッシュシンドロームなんじゃないかとハラハラ。
朝、起きてきてからようやく安心した。


朝顔が自分の心で一歩を踏み出した。
それを黙って見守る家族の姿も嬉しい。



法医学者 万木朝顔の物語。
原作漫画は未読。


足の引っ張り合いや、権力争いがなくて落ち着いてドラマに見入った。。


「グッドドクター」の小児科医でも感じたが、上野樹里は医者役が似合う。

今作でも好演。

東日本大震災で母を亡くした喪失感と向き合う朝顔は、父親との絆、桑原との関係を深め、遺体の解剖、様々な事件を通して成長してゆく。


光子(志田未来)が次世代ホープ感。未来だけに。


愛情深い父親役の時任三郎もよかった。


山口智子が演じた朝顔の恩師、茶子先生が素敵。
法医学に従事する心構えのなかに、たしかな技術と人間への慈愛が含まれていて好印象。

「法医の茶子」で特番できそう。


つぐみちゃん可愛い。

本物の家族に見える。

アットホームが伝わるからこそ、命がつながってゆく嬉しさと、命が消える悲しさが際立つ。


10話で朝顔が行なった心のこもった講義が沁みた。


死と命で人間はつながっていると伝える良質な人間ドラマだった。



演出:平野眞、澤田鎌作、阿部雅和

出演:上野樹里、
   風間俊介、
   石田ひかり、
   時任三郎、
   志田未来、
   中尾明慶、
   山口智子、
   平岩紙、
   板尾創路、
   杉本哲太、
   柄本明 ほか

放送:フジテレビ系 2019年7月8日 - 9月23日