ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
フィクションとノンフィクションが混ざり合う劇的。
ain4.gif


クエンティン・タランティーノ監督最新作。

1960年代後半のロサンゼルス、ハリウッドを描く。


子役がうまい。これからのびる予感。

クリフの番犬もすごい。忠犬だぞ、がぶっ。


史実の事件が残酷だからこそのやり返しの過激が痛快。
火炎わろた。


ディカプリオのリック・ダルトンは、純粋に演技が好きな俳優。

顔や名前を覚えられるって嬉しいよね。

ブラッド・ピットのクリフ・ブースは、リックに嫉妬することなく寄り添う良いやつ。
強いしめっちゃ頼もしい。

扉は開かれた。

今後、2人とも大成していってほしいな。


リックとクリフの目線で、映画作りの現場を見せてくれる楽しさと、
ハリウッドに染み込んだ、数多ある夢の当落残滓が発散する哀愁。

当時の再現と、虚実織り交ぜたストーリーで1969年のハリウッドの空気感を、本物のように感じさせてくれた。

タランティーノ映画史上、もっともオーソドックスな構成で真面目。
秀でた脚本力で、史実の虚しさを覆い尽くす虚構のチカラを描き切る。

虚構(ドラマや映画)でも、現実世界でも、人を多く殺してきた歴史がある。
その上に立っている人類史にまで考えが及ぶメッセージ性。



原題:Once Upon a Time in Hollywood

監督:クエンティン・タランティーノ

出演:レオナルド・ディカプリオ、
   ブラッド・ピット、
   マーゴット・ロビー、
   ブルース・ダーン、
   アル・パチーノ 他

上映時間:161分











ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ