ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
残虐性は高いが、ホラーはゆるめ。
ain3.gif


1988年公開の名作ホラー映画「チャイルド・プレイ」のリブート!


ブードゥーの呪いから最先端の人形へ変更。

マイ・バディ人形がものすっごく不気味、というか変な顔。
カスラン社はデザイン力を向上しろ。IMG_1788



ベトナム工場で働いていた人はなぜ飛び降りたんだろう?


アンディの耳が悪い設定、必要?


アンディがチャッキーの手を繋いで自室を案内するシーンがちょっと好き。
トイストーリー的なファンタジーの嬉しさを伝えて和んだ。

親以外で話し相手ができると嬉しい。

そのままジュブナイル路線に進んでもよかったのに。


母親の恋人が嫌な奴で次第にアンディの心に影が生まれてゆき、友達と観たホラー映画にバカ笑い。
その変化を学習(?)したチャッキーは悪魔人形へとシフト。

終盤にやってくるスーパーマーケットでの惨劇が見どころ。
このシーンもっと長くして阿鼻叫喚にしてほしかった。

意外と短くて物足りない。


アンディはファリンに恋心懐きそう。

母親はマイク刑事とくっつきそう。


製造工程のどこかでちょっとした悪意や、バグが仕組まれたらIoTのが暴走してしまうことって完全に絵空事には思えない。

AI機器の所有者が、もし悪さばかり学習させたら・・・。


この映画自体は、ぬるいホラーでやや退屈だったが、
劇中で起きた恐怖は現実世界で起きてもおかしくないように感じてそこに怖さを抱いた。



原題:Child's Play

監督:ラース・クレヴバーグ

出演:ガブリエル・ベイトマン、
   オーブリー・プラザ、
   ブライアン・タイリー・ヘンリー、
   ビアトリス・キットソス、
   TYコンシグリオ、
   マーク・ハミル(チャッキーの声) 他

上映時間:90分



冒頭で殺人鬼が人形に乗り移ったと分かってしまうから、人形に見えず殺人鬼に見えてしまうのがもったいない。
子供にはこの世ならざるものが見えるのではないかというホラー成分の使い方はうまい。
自体が進むにつててアンディーが成長してゆくのが頼もしい。



ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ