ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
上辺は面白いが、中身は浅い。
ain3_5.gif


映画「X-MEN」シリーズ7作目。(新メンバー版4作目)


宇宙でのミッション中に起きた事故によりジーン・グレイのパワーリミットが限界突破。
ジーンのダークサイド”ダーク・フェニックス”覚醒。
えらいこっちゃ。
みんなで止めるで!


スコット/サイクロプスは、「レディ・プレイヤー1」のタイ・シェリダン。
ずっとゲームしているように見える。w


列車にクイックシルバーいてほしかった・・・。
今回、見せ場がわずか・・・。


世間にミュータントの存在が認められて安泰ムードは束の間。
また排除の目に晒されてしょんぼりチャールズは酒浸り。

幼少時代のジーンに苦しみを隠すマインドコントロールをしてしまったことで、ジーンは怒り爆発。
そりゃそうなるわ!

怒りの暴走で、まさかの犠牲者が・・・。つらい・・・。

ハンクとエリックも怒る!
そりゃそうなる!


ジーンの底知れぬパワーを刺激したのはスパークだった。
それを狙うエイリアン・・・邪魔。


ほとんどをソフィー・ターナー演じるジーン・グレイ単独に費やしても良かった。

道を迷う彼女に寄り添うカメラ。
その合間に、エリックやスコットたちもそれぞれ自己を見つめ葛藤しているシーンを配置。

スパークを浴びたジーンが持て余すパワーと過去の悲劇にとことん向き合って、やがて「仲間の大切さ」にたどり着いて列車アクションに突入し、真の覚醒、大きな決断に至る展開なら、めっちゃエモいのに。


葛藤が各所であっさりしているから、全体的に薄味の印象。


20世紀FOXによる「X-MEN」は本作でラストだというのに、エンドロール中にも、エンドロール明けにも映像は何もない。
シリーズ振り返りくらいしてくれよ。


ジーンはフェニックスだからきっと復活するよね?
待ってる。

復活後は「X-WOMAN」結成してほしい。



原題:X-Men: Dark Phoenix

監督:サイモン・キンバーグ

出演:ソフィー・ターナー、
   タイ・シェリダン、
   エヴァン・ピーターズ、
   コディ・スミット=マクフィー、
   アレクサンドラ・シップ、
   ニコラス・ホルト、
   ジェニファー・ローレンス、
   ジェームズ・マカヴォイ、
   マイケル・ファスベンダー、
   ジェシカ・チャステイン ほか

上映時間:114分


「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(2011)

「X-MEN:フューチャー&パスト」(2014)

「X-MEN:アポカリプス」(2016)




ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ