ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
大味に溢れておりました。
ain3.gif


モンスターバース(同一世界観)の3作目。

ギャレス・エドワーズ監督「GODZILLA ゴジラ」(2014)の続編。
監督はマイケル・ドハティに交代。


前作から路線変更。リアルからファンタジーへ。

ツッコミどころ満載の怪獣まつり。

ラドンが史上最高。飛翔シーンが凄い!

モスラは虫・・・。

ギドラ神々しい!
3つの頭部それぞれに個性が与えられ存在感が出た。

その他、17体の新怪獣はただの添え物。


タイタン(巨神)と崇められるほどの怪獣の威容を前に人類は無力。

キング・オブ・モンスターのゴジラを筆頭に圧倒的パワーを見せつけ、街は壊滅。

巨大災害に見舞われる試練にも似た世紀末感。
もはやディザスタームービー。

ただ見つめるしかないモンスターオペラの激動。

そのビジュアルは迫力に満ちて素晴らしいが、やはりナイトシーン多め。


怪獣に絡む人間ドラマは薄い。

説明的な台詞ばかりで感情が込められておらず退屈。
眠気が襲ってきた。


息子を失った傷を埋めようとコミュニケーション装置「オルカ」を発明して、怪獣との相互理解を研究。
広大な牧場を使ってミドルサイズの怪獣を集めまくっているうちにラドン、ギドラ、モスラ、ゴジラまで呼び寄せてしまい・・・。

ってなストーリーにしてくれたら・・・。w


都合よく使われた核攻撃に嘆息。

エピローグの再生しました希望エッセンスなんやねん!!

放射能がゴジラの体を通過すると未知の再生エネルギーに変化するの??

めっちゃ御都合主義で失笑。


エマ博士の行為によって甚大な犠牲が出たことへの償いは?


芹沢の自己犠牲もいまひとつ共感できない。


リンは、髑髏島調査スタッフの親類じゃないのかな?


エンドロールにスーツアクター中島春雄への追悼!
これは嬉しかった。


エンドロール明けに次作への布石。
メカギドラ?

こういうテロリスト設定も安直に感じたなぁ。

秘密機関モナークの存在意義をもっと高めてほしい。


次作は、「ゴジラVSコング」。
2020年公開予定。

DSCN9295



原題:Godzilla: King of the Monsters

監督:マイケル・ドハティ

出演:カイル・チャンドラー、
   ヴェラ・ファーミガ、
   ミリー・ボビー・ブラウン、
   デヴィッド・ストラザーン、
   チャン・ツィイー、
   サリー・ホーキンス、
   渡辺謙 ほか

上映時間:132分


「GODZILLA ゴジラ」(2014)

「キングコング:髑髏島の巨神」(2017)






















ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ