ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
2015年のタリス銃乱射事件を映画化。


「15時17分、パリ行き」 The 15:17 to Paris

・スペンサー・ストーン、アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス 他




回想シーン長い。
観光シーンしつこい。
などのつぶやき吹き飛ぶ終盤。

幼馴染3人が思いがけず英雄に!


命を救うことの気高さ、勇気の素晴らしさを目の当たりにして涙が出た。


驚くのは本作のキャスティング。

なんと犯人役以外、ご本人!
車両も実際のもの。しかも走行中に撮影!

傑出した再現ドラマに仕上げたイーストウッド監督の手腕がすごい。


回想部分は脚色があるのかな?

少年時代、校長室への呼び出し頻繁にともなう心模様が少し描写不足に感じた。






15時17分、パリ行き [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
Posted with Amakuri
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
販売価格 ¥2,049(2019年1月14日10時54分時点の価格)



15時17分、パリ行き (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
Posted with Amakuri
アンソニー サドラー, アレク スカラトス, スペンサー ストーン, ジェフリー E スターン
早川書房
販売価格 ¥972(2019年1月14日10時55分時点の価格)



ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ