ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
まとめ・・・。


案の定なラストやったな。

クサい。



2018年度上半期のNHK「連続テレビ小説」。

1971年生まれの楡野鈴愛(にれのすずめ)の紆余曲折物語。

脚本は北川悦吏子。


次々にいろんなことが起きるけど、ドラマは軽かった。
話数が進むにつれて求心力低下。

その場その場で思いついたことをただ描き進めた印象。

問題に直面しても簡単に、一義的に消化するばかりで深みがない。


それはあかん、それはない、などのツッコミ多し。


主人公の鈴愛にほっとんど共感できなくてつらかった。

見た目の爽やかさとは裏腹に毒っけを含んだダークな性格。
ときに直球のひどい言葉を吐いても悪気を感じていないから感じ悪い。

演者が気の毒に見えた。


第1週、第2週の子供時代は感性豊かでこの先のドラマに期待持ったんやけどなぁ・・・。



公式サイト
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/




演出:田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗 ほか

出演:永野芽郁、
   佐藤健、
   間宮祥太朗、
   中村倫也、
   山崎莉里那、
   小西真奈美、
   有田哲平、
   松雪泰子、
   滝藤賢一、
   谷原章介 ほか

放送:NHK総合 2018年4月2日 - 9月29日