ブログネタ
日記 に参加中!
2018年(平成30年)6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とした地震が発生。


朝、NHKラジオ第1の時報(7時)を耳にして半分起床。
すぐに二度寝。

うっすら目を覚まして時計チェック。
もうすぐ8時。

7時58分頃、突き上げる揺れ。間髪入れずにガタガタッゴゴゴ。
飛び起きて和室を出て自室へ。
フィギュアケースがいくつか落下。
パソコンは無事。
電気がつかない。
停電か。
ゴミ出しに行った母が帰ってこない。
マンションの自動ドアが動かず締め出されたかな?
携帯持って出てないから連絡しようがない。

20分ほどで電気回復。
母が帰ってきた。
エレベーターに閉じ込められていたと!
停電のせいで緊急ボタン反応せず。恐る恐る扉をガタガタ揺らしたらエレベーター管理会社に警報が届いたみたい。
遠隔操作でドアを開けてもらって外に出て帰宅。


熊本地震以降、大きな揺れの後にさらに大きな地震が発生するパターンが生まれ、前震ではないかと数日ビクビク。
1週間が過ぎて今のところ大丈夫。


北摂を襲った最大震度6弱の地震。
1995年の阪神・淡路大震災で経験した揺れを想起させる強震だった。

被災された皆様にお見舞い申し上げます。



このあたりには有馬-高槻断層帯など複数の断層帯が存在することは知っていた。
それでも地震が起きることは考えてこなかった。
買い物中に、モノレール乗車中に、病院での診察時に、映画鑑賞時、サッカー観戦時に揺れが襲ってくるなんて全然想定したことがなかった。

怖いからこそ、これからは念頭に置いておかなきゃ・・・。


よく利用する映画館「109シネマズ箕面」が地震の影響で休業中。

老朽化の千里セルシーも安全点検のため一部店舗を除いて休業中。DSCN9569



ある日突然の災害で日常は変わってしまう。

地震は予知が難しい。いつ起きるかわからない。

恐怖を抱えて生きていかなきゃいけないし、備えが不十分すぎる現状で将来に不安満載。

日々を大事に、人のつながりを大切に。

心を明るく生きていきたい。