ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
捨てる・拾う・育てる・生きる。
ain5.gif


是枝裕和監督の最新作。

万引きなどを犯して生活をおくる家族が直面する出来事を描き出す。


罪の意識が芽生えて人間としての階段を上がる男の子、祥太(城桧吏)が主役。


少しずつ仄かに明かされる6人それぞれの背景。
やがて起きる変化。

彼らと密接に寄り添った視点に同化して、気がついたら自分が7人目感。


社会の底辺だが、
黙認していた駄菓子屋の主人のように”見て”いる人はいる。

花火大会の夜。
近隣の屋根に視界を遮られ見えない花火。
弾ける音は届く。
姿は見えずとも存在を感じるように、まちの何処にも人はいる。

そんなことを思うだけで孤独がちょっと薄らぐ。


リリー・フランキー
安藤サクラ
松岡茉優
城桧吏
佐々木みゆ
樹木希林

役者がみんな素晴らしかった。


安藤サクラの泣きのシーンが秀逸。
すっと自然に胸を衝いた。

めちゃくちゃ強い母性を感じた。
母なる大地か!ってくらいに。


祥太を演じた城桧吏が、「誰も知らない」の柳楽優弥を彷彿とさせるオーラ。


初枝さんの笑顔がよかった。
短くとも幸せだった時間は永遠性となる。


人の出会いと別れはキズに貼る絆創膏と似ている。

貼って治して剥がして再生。


なにか良いことあればいいな、と思うも生活するだけで精一杯。
夢への憧れは遠くなってしまう日々。

犯罪に手を染めながらも人間味を醸し出す暮らしぶりを通して善悪や貧困の境界線は曖昧で、誰しもが陥りやすいものであることを浮き彫りにする。

社会に存在する境遇を可視化し、問いかけ、考えよう目を向けようと提示する。

でも決してしんどいばかりの映画ではない。

全編にわたって人肌を感じる細やかな生命力に満ちていて人間愛に触れた。


ゆりが何かを見つけたような反応を見せるラスト。

視線の先にはきっと希望があるんだ。

ゆり、祥太の健やかな成長を信じたい。



英題:Shoplifters

監督:是枝裕和

出演:リリー・フランキー、
   安藤サクラ、
   松岡茉優、
   城桧吏、
   佐々木みゆ、
   樹木希林 ほか

上映時間:120分

★第71回カンヌ国際映画祭:最高賞(パルム・ドール)受賞








4800284074万引き家族【映画小説化作品】
是枝 裕和
宝島社 2018-05-28

by G-Tools

4309979270文藝別冊 是枝裕和 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
是枝 裕和
河出書房新社 2017-09-08

by G-Tools


4769020015スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
レオ・レオニ 谷川 俊太郎
好学社 1969-04-01

by G-Tools



B07B539H6R【早期購入特典あり】 2018年5月25日発売 是枝裕和監督Blu-ray7タイトルセット (是枝裕和監督メッセージカード(全1種共通)&7タイトルコンプリート収納BOX付)
バンダイビジュアル 2018-05-25

by G-Tools

B07B5933MM【早期購入特典あり】 誰も知らない (是枝裕和監督メッセージカード(全1種共通) 付) [Blu-ray]
バンダイナムコアーツ 2018-05-25

by G-Tools



ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ