ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
第1週、第2週


2018年度上半期のNHK「連続テレビ小説」。

1971年生まれの楡野鈴愛(にれのすずめ)が漫画家を目指す物語。
舞台は岐阜と東京。

脚本は北川悦吏子。


1971年(昭和46年)7月7日、岐阜県東美濃市。
楡野宇太郎、晴の元に長女の鈴愛が誕生。
その少し前に同じ病院でご近所さんの萩尾家に長男、律が誕生した。
保育器で隣り合う2人の赤ちゃん。

小学3年生になった鈴愛は、絵を描くことが好き。
ピタゴラスイッチのような物理が得意な律とは仲良し。

同級生のブッチャー、菜生と4人で朗らかに遊ぶ日々。

ある日、鈴愛の左耳は流行性耳下腺炎(ムンプス難聴)を患い聴力を失ってしまう。

 耳鼻咽喉科考証・池園哲郎さんによる「ムンプス難聴と一側性難聴」についての解説
 http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/special/column/03.html


告知を受けた時のショックで時間が止まった感覚がたしかな演出で静かに表現されていた。

親を悲しませないように親の前では涙を見せない鈴愛が律の前で泣く場面にもらい泣き。
そっと隣に寄り添う律が優しい。

左耳に住む小人(耳鳴り)と付き合っていくと決めた鈴愛のまっすぐな気持ち。
そして前を向く素直な明るさは周囲にも伝わって笑顔へと変化させる。

律と作ったゾートロープが可愛くて素敵!




雨の朝、傘をさす鈴愛が「左だけ降ってない」。
その言葉に母が返した「鈴愛の左側はいつだって晴れやね」。

涙腺刺激。(T ^ T)

鈴愛の半分はいつだって晴れ。
なんて嬉しい表現!

変なタイトルだと思っていた「半分、青い」がイッキに好印象へと変わった。


大人も子供も含めて感情面の充実で満たした第1週「生まれたい!」、第2週「聞きたい!」でドラマの礎を形成。

健気と無垢と元気な子供時代をもっと見ていたい。
でも成長は早い。

次週からはあっという間に高校3年生に・・・。





鈴愛と律は結婚間違いなしでしょう。
そこに至る2人を共感しながら応援できる成長物語になることを期待。



公式サイト
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/




演出:田中健二

出演:矢崎由紗、
   高村佳偉人、
   大竹悠義、
   西澤愛菜、
   松雪泰子、
   滝藤賢一、
   原田知世、
   谷原章介、
   余貴美子、
   風吹ジュン、
   中村雅俊 ほか

放送:NHK





B07BSWNC5QNHK連続テレビ小説「半分、青い。」オリジナル・サウンドトラック
菅野 祐悟
SMJ 2018-06-06

by G-Tools



414923583X連続テレビ小説 半分、青い。 Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK出版
NHK出版 2018-03-26

by G-Tools

4863367597【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK
東京ニュース通信社 2018-04-02

by G-Tools



B00LGCKMSQアニメーションの原型 ゾートロープ 制作キット
岸塚器機工業販売

by G-Tools