最終回とまとめ

彦星はよき人間になりそう。期待しとるぞ。 

陽人の存在のおかげで中世古理市も前を向き始めた様子。 

 幽霊きた!(T ^ T) 



 生きる意味を問いかけるヒューマンドラマ。 
脚本は日テレ「Mother」「Woman」の坂元裕二。


 辻沢ハリカ(広瀬すず)、持本舵(阿部サダヲ)、青羽るい子(小林聡美)、林田亜乃音(田中裕子)の主要4人の生活が、血縁のない他人同士だからこその繋がり意識の共有、結びつきを見出してゆく様子に引き込まれる。 

演技巧者揃いで迫真。 


 田中裕子と広瀬すずが見事。 
田中裕子演技道場の門下生筆頭広瀬すず。といった風情でよかった。 


 5話で彦星が「明日を楽しみにしている夢を見ると嬉しい」と言った。
 この気持ちに共感した。 

明日があることは希望。 
明日にしようは先延ばしではない。希望なんだよ。 


 ただ、心ないと感じる設定が目についた。
 学習障害の子供が居場所がないと学校をさぼったり、金銭的余裕がなくて夢を見られなかったり、先進治療で助かる命と治療をせずに命が消える人、親に捨てられた子供…。

 シビアでデリケートなテーマを散りばめて突くのみ。
 傷つく人が少なからずいるのではないか。 


 あと、中世古理市(瑛太)が絡んできて始まる偽札作りは引いてしまった。 

パソコンのデータを削除しなかった亜乃音さんにも責任の一端がある・・・。 

浅はかな行動をとる彼らを好きになれなかった。 
貧困が罪を犯すハードルを下げる要因のひとつとはいえ・・・。 


 ハリカが彦星に、中世古が陽人に心を込めた嘘をついて未来への後押しをしたように誰かは誰かに支えられている。 
きっとやり直せる。 

ラスト2話でそれが伝わりはしたけれど。 


 偽札作りに終止符が打たれ刑期を終えて再開した3人のアットホーム感に安堵。 

紆余曲折を超えて結びついた最終回から後が良さげ。 

連続ドラマでなくてもいいから単発でその後を見たいな。 
その時は終始ほのぼのでお願いします。


 演出:水田伸生 

出演:広瀬すず、    
阿部サダヲ、       
小林聡美、    
田中裕子、    
瑛太、    
清水尋也、    
江口のりこ、    
火野正平 ほか

放送:日本テレビ 2018年1月10日 - 3月21日


 
B07BK8W13Nanone Blu-ray BOX
バップ 2018-08-22
by G-Tools

B078GMWFF5ドラマ「anone」 オリジナル・サウンドトラック
三宅一徳
バップ 2018-02-27
by G-Tools

4309026494anone 1
坂元裕二
河出書房新社 2018-02-26
by G-Tools
4062663694クレーの天使
パウル・クレー 谷川 俊太郎
講談社 2000-10-11
by G-Tools