ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
最終回とまとめ


犯人が最悪。

 「死因を不明にするといけるのか」
 と思うよからぬ輩を刺激するのではと不安よぎる...


宍戸理一はマスゴミの象徴やね。


所長かっけー。理想の上司。

バイトやり直しきたー。

中堂さんと六郎、心機一転再出発。



不自然死究明研究所(Unnatural Death Investigation Laboratory)、通称UDIラボを舞台に、法医解剖医の三澄ミコト、中堂系、臨床検査技師の東海林夕子、記録員の久部六郎、所長の神倉保夫らが協力して数多の謎の死と向き合って死の真相を解明してゆくドラマ。

脚本は、「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子。


時々、BGMがうるさく聞こえることもあったけれどテンポよい会話劇と二転三転する展開に毎回、瞬き惜しいほど入り込めた。


石原さとみは働く系、仕事ものが似合う。


みんな役柄にハマっているUDIメンバーが最高。

死を忌み嫌わず、生き死に対して真摯に動いてるところが魅力。
おかえり、ただいまが言えるアットホームなUDIラボ。

ひとりでは背負えないからこそのファミリーでありチーム。


8話が強く印象に残る。

Unnatural Death #8 遥かなる我が家
http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/ep8.html

所長の神倉さんの言葉が、大杉漣さんを看取った松重豊さんと重なって涙・・・。
http://matsushige.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-db6e.html


中堂さんの愛妻とのエピソードが明かされる9話は切なかった・・・。


死因究明は遺族と故人に関係した人達の心に届く。

遺体は語る。
生者は死者とともにあると。


謎解き奥深いミステリーとしてはもちろん、法医学への理解と応援に加え、労働問題や女性差別等の社会メッセージも巧みに織り交ぜた脚本が秀逸。

質の高いドラマだった。

シリーズ化を期待したい。


フォレスト葬儀社の木林南雲(竜星涼)も闇を抱えているように見えるし、何よりUDIラボの面々にまた会いたい!



演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭

出演:石原さとみ、
   井浦新、
   窪田正孝、
   市川実日子、
   竜星涼、
   橋本真実、
   小笠原海、
   吹越満、
   池田鉄洋、
   北村有起哉、
   大倉孝二、
   薬師丸ひろ子、
   松重豊 ほか

放送:TBS 2018年1月12日 - 3月16日




B07BB172TG【早期予約特典あり】アンナチュラル Blu-ray BOX(B6クリアファイル)
TCエンタテインメント 2018-07-11

by G-Tools






B079FLMY8NTBS系 金曜ドラマ「アンナチュラル」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
SMM itaku (music) 2018-03-06

by G-Tools

B0794PMLCQLemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)
米津玄師
SMR 2018-03-13

by G-Tools



4260015923標準法医学 第7版 (標準医学シリーズ)
石津 日出雄 高津 光洋
医学書院 2012-12-14

by G-Tools

4480421610解剖学教室へようこそ (ちくま文庫)
養老 孟司
筑摩書房 2005-12-01

by G-Tools