ブログネタ
読んだ本 に参加中!
恩田陸 著


第6回芳ヶ江国際ピアノコンクールの1次、2次、3次予選、本選の2週間に挑むピアニスト達の戦いを描いた小説。

予選を通過していくたびに自信と成長を深めて各自の旋律を磨いてゆく筋立てが面白い。

緊張感と達成感を追体験できる群像劇。

読み終わってあたかも自分がピアノを弾けるような錯覚を覚えた。


 ・映画版



幻冬社/「蜜蜂と遠雷」
http://www.gentosha.co.jp/book/b10300.html