ブログネタ
邦画鑑賞レビュー に参加中!
しんどい。
人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ
だが希望はある!(´・ω・)キリッ
ain5.gif


吉田修一による小説を映画化。


東京八王子で殺人事件発生。
現場に「怒」の血文字を残した犯人は逃亡。
1年後、千葉、東京、沖縄でそれぞれ1人、この人もしや・・・が現れる。


不条理、不平等、偏見、貧困、あらゆる溜め息を詰め込んで胸の奥に錨をおろした怒りが倦怠にも似た諦めを醸成。

ふとした瞬間に噴出する衝動。

本能が発散する生気と狂気。

それらを抱え込んで理解者を求めて彷徨う人間の苦難、葛藤を克明に織りなす接点のない3箇所のドラマが静謐で重厚。

俳優陣のベストアクト祭り。

嘆き、悲しみ、安堵がたたみかける慟哭の終盤に息を呑む。


沖縄の二人にも光が射しますように。


信じることはシンプルだけど難しい。

でも、
信じられた相手にとってはたしかな救いとなる。


張り詰めた緊張感の果てに希望を落とし込む人間描写が秀逸。


李相日監督がいつかホラー映画を撮ったなら、土着性の震える鳥肌だけでなく霊魂の悲しみまで表現して抜群の恐怖を伝えてくれそうな気がする。



監督:李相日

出演:妻夫木聡、森山未來、松山ケンイチ、
   綾野剛、
   広瀬すず、
   佐久本宝、
   高畑充希、
   宮崎あおい、
   池脇千鶴、
   三浦貴大、
   ピエール瀧、
   原日出子、
   渡辺謙 ほか

上映時間:141分




B01H5JT2XO「怒り」オリジナル・サウンドトラック
坂本 龍一
SMJ 2016-09-13

by G-Tools



4122062136怒り(上) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社 2016-01-21

by G-Tools

4122062144怒り(下) (中公文庫)
吉田 修一
中央公論新社 2016-01-21

by G-Tools



ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ