ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
「シンデレラ」
「6才のボクが、大人になるまで。」


「シンデレラ」 Cinderella

・リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ケイト・ブランシェット 他




舞台装置と美術がゴージャス。
奥行きのある内面描写の演出も冴えておりおとぎ話の気持ちよさに浸る。
奇をてらわず王道をまっすぐに。

意外と秀作。


ヘレナ・ボナム=カーターが魔女としてちょい役だけど多大な存在感。
魔法のシーンが素晴らしく素敵!


王子は地味。


シンデレラを演じるのはリリー・ジェームズ。(イギリスのテレビドラマ『ダウントン・アビー』に第3シリーズから出演中。(ローズ役))

口元がゆるくて気品はちょっとあれやけど、キュートであることには間違いない。
何より朗らかさが良い。笑顔と芯の強さが良い。


劇場で同時上映されていた短編アニメも収録。

『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』

アナ雪のその後。

まぁ、とりたてて感想は湧いてこない。
くしゃみから生まれるミニスノーマンは可愛い・・・かな。





B00S80JQIQ【Amazon.co.jp限定】シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] (ガラスの靴イヤホンジャックストラップ付)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2015-09-02

by G-Tools

B0105LUU5Iシンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2015-09-02

by G-Tools

B0105M4MJCディズニー・ショートフィルム・コレクション ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2015-08-26

by G-Tools





「6才のボクが、大人になるまで。」 Boyhood

・エラー・コルトレーン、パトリシア・アークエット、イーサン・ホーク 他




長いことかけて撮影された。
※主人公の少年を6歳から18歳まで断続的に12年間かけて撮影!


総じて感じが良い映画。

アメリカ的であり牧歌的であり、なによりピースフルで好き。

何気無さに溢れていて心地が良い。


実在の若者の半生に寄り添って、一緒になって加齢したような感覚になる。


自制しながらもわりと奔放な母親と父親を反面教師にしてか長男長女ともに普通に良い子に育って安堵。途中でヤンキーになったらどうしようかとハラハラした。

6歳の時、おマセな姉サマンサのパンケーキ喰らいやがれに爆笑。


ランディたちがめっちゃ気になる。
どうか幸せになっていておくれ。


「One Year Later」とか出さずに経年を自然と積み重ねる編集が抜群。

そこから途切れない人生、
達成感とは無縁の子育ての終わらない継続性と、
子供が成長してゆくかけがえの無さ、
常に存在するモーメントの輝きを届けてくれる。


ラストシーンが好き。



民主党派、というより平和を愛する監督の思いも透けて見える。






B00RGDPCAM6才のボクが、大人になるまで。 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-08-05

by G-Tools

B0183GO9O06才のボクが、大人になるまで。 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2016-02-03

by G-Tools

B00SF3JFUK6才のボクが、大人になるまで。
オリジナル・サウンド・トラック
ワーナーミュージック・ジャパン 2015-02-24

by G-Tools




ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ