ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
『木を見て森を見ず』体感ムービー。
ain3.gif
 


ハッピーエンドのその後。
>人気ブロードウェイミュージカルらしい。(知らなくてすみません)

監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。


パン屋の夫婦にかけられた呪いを解くには、
“ミルクのように真っ白な牛”、
“血のように赤いずきん”、
“トウモロコシのように黄色い髪”、
“金色に輝く靴”のアイテムが必要。

それらを探して森に入った夫婦は、シンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木、ラプンツェルに出会う。


僕達は忘れていた。この空の上に巨人がいたことを。


メリル・ストリープの巧さ際立つ!!
歌唱力すごいわ。
ひとりで全部持ってってる。

ジョニデは・・・すぐに出番が無くなるとはいえあまりに影が薄くて気の毒。


有名キャラクターが集って知られたストーリーを交錯展開。

「めでたしめでたし」を迎えて・・・終わらない。

そこからが本題。


前フリ長いねん!


閉じられた世界で完結する各物語の登場人物が表紙を破って外に出て他の物語と触れ合って、視野を広く持つようになるなんてまさしくマジカル。面白い。

『木を見て森を見ず』を実感して成長する彼らの姿は、
ファンタジーをはみ出して現実に近い親近感を持たせる。


子育てをするシンデレラといつかそういう関係になるのだろうなこのやろー。

歌うま赤ずきん&ジャックも交えて巡業したら儲かりそう。


我欲と苦しみの試練であった3つの真夜中を超えたときに訪れる夜明け。

ドラマチックの輝きと、
自分の道を信じる勇気と孤独では無いよと背中を押すメッセージ。


良い話である。

が、全体的にトーンが暗めで眠気が寄り添う。
(けっして退屈だからではなく画面が暗いから・・・ナイトシーンばかり。
枕元で読み聞かせに耳を傾けている感覚になって眠たい。)

もうちょっとハツラツと明るくしてほしかったな。



アレンジして日本版も出来そう。
>桃太郎、金太郎が富士の樹海で嫁探し。



『魔法にかけられて』以降のディズニーは、ハッピーエンドへのアンチテーゼをまぶしながらもしっかり寓話の素晴らしさを伝えてハッピーエンドを描くスタイルに変化。

『アナと雪の女王』『マレフィセント』もそうだった。

そのうち『アナ雪』も実写化されると予想。



原題:Into the Woods

監督:ロブ・マーシャル

出演:エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、
   アナ・ケンドリック、クリス・パイン、
   リラ・クロフォード、ダニエル・ハットルストーン、
   マッケンジー・マウジー、ビリー・マグヌッセン、
   トレイシー・ウルマン、
   ジョニー・デップ、
   メリル・ストリープ ほか

上映時間:124分



B00WYREMBAイントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2015-07-17

by G-Tools


サントラを、


B00SM36KREイントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック
V.A.
WALT DISNEY RECORDS 2015-03-10

by G-Tools




ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ