ブログネタ
宮部みゆき に参加中!
宮部みゆき 著


東北の山村に隣り合う二つの藩が対立。
そこに現れたこの世ならぬ怪物の正体とは・・・。


人物造形に満ちた多くの登場人物が魅力を放つ。


荒ぶる存在は、「もののけ姫」シシ神と「ナウシカ」巨神兵を足したようなイメージを抱いた。

突如として見舞われる災厄の象徴であり、
争い耐えぬ人間の業の権化でもあり、畏怖すべき自然の集約体にも見える。


ただ排除して終わりではない立ち向かう奮起と、自戒を込めた決死のアクションが見どころ。



憂いと恨みの描写に長けた韓国映画になると秀作になりそう。

『グエムル -漢江の怪物-』のレベルアップ版。


内田有紀主演でドラマになりました。
NHK BSプレミアム 2018年2月



4022512040荒神
宮部みゆき
朝日新聞出版 2014-08-20

by G-Tools

4022512059荒神絵巻
こうの史代 宮部みゆき
朝日新聞出版 2014-08-20

by G-Tools