ブログネタ
読んだ本 に参加中!
万城目学 著 
プータロー、風太郎にいまいち魅力を感じないまま読み進む。
本が重たくて話が長くてちょっと飽きる。

いつものように不思議なファンタジーを想起させるタイトルだが、
中身は意外とハードボイルドでびっくり。

そのギャップに慣れずに終章を迎える。読了。

筋書きを分かったうえで二度読みすると今度は奥深さを堪能。


忍者の生き様がなんとも儚くて切ない。


ひょうたんの存在は面白いが、蛇足というか不要にも思える・・・。

コメディリリーフは黒弓だけで十分。






4163825002とっぴんぱらりの風太郎
万城目 学
文藝春秋 2013-09-28

by G-Tools