ブログネタ
読んだ本♪♪ に参加中!
三上延 著 
ビブリアとはギリシア語で「本」「書物」
ラテン語では「本を愛する人」


鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」の店主、
篠川栞子が本に関する様々な事件や謎を解いてゆく物語。


カバーイラストが目を惹くね。


本好きの興味を軽く突つきながら展開されるドラマ。
キャラ立ちしていて楽しく読みやすい。


極度の人見知りで内向的だが本の知識は深くて、
その話になると饒舌になる篠川栞子はまるでドラマ『相棒』の杉下右京のアレンジ。

 右京さんは人見知りちゃうよ。


本の虫が高じて推理力も身につけた栞子の存在が面白く魅力的。

しかし、
黒髪の長髪に色白美人。
眼鏡を着用。
小柄で巨乳。

とゆう想像力を刺激する容姿設定が、やらしい!w




★ ドラマ版のレビュー




4048704699ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキーメディアワークス 2011-03-25

by G-Tools