ブログネタ
日本映画3 に参加中!
余韻が広がる。
切なくも温かい後味。
ain4.gif 


山田洋次監督の81作目。


屋上のアレは予告編で見せないでほしかったなぁ。


ユキちゃん、ええ子や。


流れず移ろうエンドクレジットが上品で好き。


かなり切ない名作、
小津安二郎『東京物語』(1953年)をモチーフにした・・・というより、ほぼリメイク。

ローアングルの小津カメラで昭和な風情のホームドラマを映し出し、
現代の家族像を浮かび上がらせる。


クランクイン直前に東日本大震災が発生し、
撮影を1年間延ばして脚本を書き直したという本作。

その変更点はきっと、
昌次(妻夫木聡)と紀子(蒼井優)へのウェイトの大きさなのだろう。

被災地ボランティアで知り合った二人に、
これからの日本の行く末を託すような眼差し、
若者の未来への希望が印象深い。

蒼井優が原節子を想起させる好印象を見せている。


廃品回収車や居酒屋の客の態度で、
老いたものを粗末にする社会への批判をチラリと覗かせながら、
朗らかに互いを労りながら暮らす老夫婦の命を丁寧に描写。

橋爪功さんが絶品であった。

近寄りがたい頑固さと、
温和な心を同居させた人物像は、
観ていて自然と思いやる気持ちにさせる存在感。


宿無しになって、
妻と別の日を過ごすことにした両者の2つのドラマが面白い。

かたや愚痴まじりに酔っぱらい、
かたや笑顔で成り初めの共有。


生活をするため日々に追われ、
人情が薄くなってしまう"東京アカン物語"は、
使い古されたテーマだけど、
今もなお色褪せないというのは悲しい。

人間関係が希薄に向かう憂いを描いた「東京物語」に対して、
もっともっと全編を通して優しさ満載にしても良かったのでは、
という気も正直抱いてしまうなぁ。


しかし、そういう引っかかりを宿しつつも、
観賞後に心が落ち着く慈愛の広がりは心地良かった。


昌次と紀子に安心した、とみこ(吉行和子)の気持ち。
プロポーズの返答の嬉しさを話す昌次。
思いがけず認められた紀子の安堵。
ユキと愛犬に微笑む周吉(橋爪功)。

などの幸せが胸を充たす小さな瞬間描写の積み重ねから、
今を生き続ける者への希望は、
仄かな嬉しさの持続にあると伝えるメッセージが響いてくる。

それはやっぱり人間の繋がりに他ならないのだと。






監督:山田洋次

出演:妻夫木聡、蒼井優、
   荒川ちか、
   夏川結衣、
   中嶋朋子、
   西村雅彦、
   吉行和子、橋爪功 ほか

上映時間:146分



B00C394AQG東京家族 豪華版(2枚組)Blu-ray 【初回限定生産】
松竹 2013-07-06

by G-Tools

B00C54L2WY東京家族 豪華版(2枚組) DVD 【初回限定生産】
松竹 2013-07-06

by G-Tools

B00C54U81A東京家族 Blu-ray
松竹 2013-07-06

by G-Tools

B00C5535EG東京家族 DVD
松竹 2013-07-06

by G-Tools



B00A9XXL2M東京家族 オリジナル・サウンドトラック
久石譲
ユニバーサル シグマ 2013-01-16

by G-Tools



4062774534東京家族 (講談社文庫)
白石 まみ 山田 洋次
講談社 2012-12-14

by G-Tools



B00C7GDOMQ東京物語(Blu-ray) 小津安二郎生誕110年・ニューデジタルリマスター【初回限定版】
松竹 2013-07-06

by G-Tools

4622048221小津安二郎「東京物語」ほか (大人の本棚)
小津 安二郎 田中 真澄
みすず書房 2001-12

by G-Tools






ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ