地味でも、しっかり面白い。
ain4.gif 


ゴーン・ベイビー・ゴーン
ザ・タウン」に続くベン・アフレックの監督3作目。


1979年から1980年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件を描く。


CIAが仕掛けた人質救出作戦は、
『架空の映画製作を口実に敵を欺く』

なんと実話!


エンドクレジットの合間に元大統領!


突飛なアイデアを実行に移す。

目立たないよう粛々と。

淡々と進む画面。

油断すると眠気が襲う。

が、持続する適度な緊張感が目を閉じさせない。


派手さは無くとも、
堅実な見応えに満ちていた。


見返りを求めないトニーの姿が男前。


アメリカンのヒーロー精神と、
外交の難しさ、
互いを受け入れる寛容の必要性を、
巧みに織り交ぜたスリリングな脱出劇。


"映画のチカラ"は万国共通。

いや、"SF映画のチカラ"

いや"スターウォーズのチカラ"やね。


あ、発端は「最後の猿の惑星」だった。w







原題:Argo

監督:ベン・アフレック

出演:ベン・アフレック、
   ブライアン・クランストン、
   アラン・アーキン、
   ジョン・グッドマン 他

上映時間:120分

★ 第85回アカデミー賞:作品賞、脚色賞、編集賞




B009YA8EVEアルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-03-13

by G-Tools






ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ