ブログネタ
オススメ小説Σ( ̄Д ̄;) に参加中!
西川美和 著


「ゆれる」
「ディア・ドクター」
「夢売るふたり」の西川美和監督が伯父の体験をもとに綴った小説。


公になる前に終わりを知っていた人たち、
いったい、どれほどいたのだろうか。


若い兵士が見た終戦から、
戦争の無益が浮かび上がってくる。


何もできない焦りと悲しみ、
未来への希望が淡々と含まれていて、
監督が生み出す映画同様、
静かで生き生きとした余韻がいっぱい。


戦争ものというより人間ドラマ。

心に残る中篇。




410332581Xその日東京駅五時二十五分発
西川 美和
新潮社 2012-07-31

by G-Tools