ブログネタ
SF映画 に参加中!
心あたたまらへんし,
ワクワクもしないが余韻を含んだ締めは好き。
ain3_5.gif 


1979年のアメリカを舞台に少年たちのひと夏の大冒険を描く。


監督はJ・J・エイブラムス。
共同で製作するのはスティーヴン・スピルバーグ。


6人のボーイズ&ガールがスーパー8mmカメラを手に映画撮影。
その夜,彼らの目前で列車が脱線事故を起こす。
カメラがとらえたものとは・・・!


すんごい大事故!
凄まじすぎる!

よく無事に助かったな!


劇的な終盤が好き。

ペンダントの行方に泣きそうになった。

未知の存在と大切な人はいつまでも空にいるよ。

感動した。
ベストエンディングだ!

と思ったら
エンドクレジットに流れる8ミリ完成品がしょーもなくて余韻が消えた。w


紅一点のアリスを演じるのはエル・ファニング。>ダコタ・ファニングの妹!

可愛い・キレイではなく雰囲気があって魅力的。

将来,演技派の予感。

ジョー君も良かった。

悲しみの経験値があるおかげで,
相手の悲しみを察せられる優しい少年。

繊細な表情と行動が母性をくすぐる。(あ,拙者,男であった)


二人の成長が好印象で素直に共感できた。


その他の子供は・・・あんまり目立たない。

良い味を持っているのに活かしきれていない印象。

時折,入る大人パートが邪魔だったせいかな。

ずっと子供目線で進めてほしかったな。


エイブラムス監督はもしかして子供が苦手?


公開前から話題になっていたように,
今作は過去の名作のオマージュが満載。

「激突」「ジョーズ」「未知との遭遇」「E.T.」「ジュラシックパーク」
「トレマーズ」「グーニーズ」「クローバーフィールド」etc...

発見のたびに楽しいけれども,
オマージュまるわかりな為に既視感でしかなく
ワクワク感が弱かった・・・。

『スピルバーグへのゴマスリやん!』


それに,
ドラマが平凡で拍子抜け。

あっさりしすぎ。

冒険色も薄いし・・・心あたたまらないし・・・。


乗り切れなかった・・・。


その結果,
観賞後に出てくる感想は

『J・J・エイブラムスは「トランスフォーマー」を作りたかったんやろな』






原題:Super 8

監督:J・J・エイブラムス

出演:ジョエル・コートニー,
   エル・ファニング,
   カイル・チャンドラー,
   ライリー・グリフィス,
   ライアン・リー,
   ガブリエル・バッソ,
   ザック・ミルズ,
   ロン・エルダード 他

上映時間:111分


ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ




B0052R0RZESUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-12-02

by G-Tools



B000WE66BQ未知との遭遇 製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション(2枚組) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-12-19

by G-Tools

B00005R22YE.T. The Extra-Terrestrial 20周年アニバーサリー特別版 [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2002-11-08

by G-Tools