ブログネタ
日本映画3 に参加中!
「川の底からこんにちは」
「ザ・コーヴ」 


「川の底からこんにちは」

・満島ひかり,遠藤雅,志賀廣太郎 ほか





だら〜と始まるオープニングから実家に戻るまでの約30分かったるい。

ウケ狙いが見え見えで笑えないし変わり者でキャラを作り過ぎであざとい。

何より要領を得ない主人公にイライラ。

帰郷後は個性的なおばちゃん達がスパイスとなって木村佐和子の全体像が見え始めそこからようやく面白い。


開き直った演説が最高!
 その後の謝罪は要らん・・・。


新しい社歌に歌詞を字幕で出してほしかった。


しじみが何故に売れ出したのかよう分からん。

YouTubeのURL付きの社歌の歌詞を商品に入れたのかと思った。
刷新はパッケージだけ?


酔ったおじさんが下品な酒場のシーンはカットでしょう!


エコとか子供虐待とか伝えたいメッセージが明確すぎて素直には響いてこないし地方の応援にもなっていない気がするけども主演女優の満島ひかりの魅力のおかげで主人公を応援できた。


佐和子は「アレだけが目当ての男に辟易」
 &
「母親の死」の悲しみで感情表現が不器用から発展し、冷めた性格になったのだろうな。


ただ流されるままの日々からしょうがないなぁとぼやきながらも重い腰を上げて動いた事で人生が変わってゆく。


前半のしょうもなさが勿体なく感じるほどに感情ゆたかな終盤が良かった。


滑稽と悲哀とド根性の人間讃歌。


ついつい背伸びして多くを求めがちだけど人間はみんな身の丈でしか生きられないんやなぁ。

媚びずに前向きに頑張ろう!


彼氏、これからはシャキッとして佐和子を幸せにしろよ!


 幸せといえば、満島ひかりは今作の石井裕也監督と結婚! ...追記 2016年に離婚...


川と、水辺と、しじみは、母なるものと命を象徴しているのかな。




「ザ・コーヴ」 The Cove


 コーヴ(Cove):入り江。


和歌山県太地町のイルカ追い込み漁を追ったドキュメンタリー。


残酷と誇張を衝撃的にした構成。

押し付けがましくて感じが悪い・・・。


水俣病と結びつけるのは失礼でしょう。


研究飼育,
水族館産業で成り立つ生活や,
水銀被害などのデータが無いから説得力に欠ける。


これは,
「イルカ大好きやから解放活動してますねん」
って言うてるだけの,
寄付で活動するための,ただのPRビデオ。

シーシェパードと同じ。


物事を多面的に見ない & 異文化を認めない人達の自己満足,
ヤンキー行動を正当化してるだけ。


こんなんに賞をあげるなんて・・・

アカデミー賞の権威が・・・

隠し撮りを認めたらアカンでしょう。


制作者たちは,
お墨付きを貰ったように助長しよるがな!



日本人の贔屓目を抜きにしても,
偏りがありすぎて,
ドキュメンタリーとは呼べない作品だった。



B004F9PRSM川の底からこんにちは [DVD]
石井裕也
紀伊國屋書店 2011-02-26

by G-Tools

4107902137月刊満島ひかり (SHINCHO MOOK 127)
野村 恵子
新潮社 2010-02

by G-Tools



B004FRYY24ザ・コーヴ [DVD]
ポニーキャニオン 2011-02-25

by G-Tools




ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ