ブログネタ
2011年冬ドラマ に参加中!
初回の感想 


演習かよ!

小沢くん可哀想。

いくらドラマとはいえ犯行が酷い・・・

「ゾディアック」 

 下に流れる説明の流れが早い。w

新たな挑戦状。

5件目の犯行・・・

警察なにしとんねん! イライラする!

もっと早く現場検証しろよ!

「MIKAN」「RIBBON」で気付きましたよ。

犯人の特定すんなりやな!

猟奇殺人犯だウィッシュ。

音楽やかましい。臨場感煽りすぎ。

悲しい虐待の過去があるからって情状酌量にはならん。

笑いで締めるのはどうかと思う。



行動科学をメインに分析して
犯人の特徴に迫るプロファイリングで事件の真相を追う。


犯人と同化する危うさを持つ香月翔子(北川景子)の今後,
我の強いCPSの面々がまとまってゆくのかと,
タイトルの「最後の犯罪プロファイリング」の意味が気になるが,
犯人を追い詰める展開があざとくて好きじゃない。

ツッコミどころが多くて重みに欠けるし。


第一,警察が無能すぎる・・・


最終回は柘植正樹(ユースケ・サンタマリア)が犯人になる予感。


毎回,香月の犯行追体験で陰鬱になりそう。

次を見る気が湧かない・・・



演出:平野俊一

出演:北川景子,
   平岡祐太,須藤理彩,
   要潤,木村多江,
   岡本杏理,
   DAIGO,
   ユースケ・サンタマリア,小澤征悦,
   竹中直人 ほか

放送:TBS 2011年1月7日



B004EVW4I2無形スピリット(初回限定盤)(DVD付)
柴咲コウ
NAYUTAWAVE RECORDS 2011-02-09

by G-Tools



犯罪捜査の心理学―プロファイリングで犯人に迫る (DOJIN選書 17)
犯罪捜査の心理学―プロファイリングで犯人に迫る (DOJIN選書 17)越智 啓太

化学同人 2008-05-20
売り上げランキング : 4011

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
捜査心理学
犯罪者プロファイリング―犯罪を科学する警察の情報分析技術 (角川oneテーマ21)
犯人は知らない科学捜査の最前線!(ナレッジエンタ読本24)
警視庁捜査一課殺人班 (角川文庫)
FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)