乙武洋匡 著 
約3年間,小学校教諭を経験した著者がその体験を小説形式で綴る。


いくら創作とはいえ,
登場する車椅子青年は
乙武さんであると歴然だから美化に見えてしまう側面も・・・


ツッコミ入れてしまうが、慣れてくると面白い。

ええ話。


第八章が好き。


遠足の帰りが気になる。


同じクラスになったのも御縁なんやから大事にね!


背後の親でなく子供の目線で,
可能性を,
十人十色を伸ばしてあげる教師がもっと増えてほしい。


子供にとって
「大丈夫」と声をかけ続けられるのは見守られていると感じて心強い。


教師に障害を持つ人が多く就けるようになれば,
思いやりを育む素晴らしい教育現場になると思う。



・乙武さん公式サイト


・・映画版レビュー






だいじょうぶ3組 (講談社文庫)
だいじょうぶ3組 (講談社文庫)乙武 洋匡

講談社 2012-10-16
売り上げランキング : 547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
だから、僕は学校へ行く! (講談社文庫)
五体不満足
オトことば。
オトタケ先生の3つの授業
だからこそできること



4062649802五体不満足 完全版 (講談社文庫)
乙武 洋匡
講談社 2001-04-04

by G-Tools