ブログネタ
宮部みゆき に参加中!
宮部みゆき 著 
かつて「小暮写眞館」だった家に引っ越してきた家族の物語。


素敵な装幀が目を惹く,この印象通りの素敵なお話。


登場人物みんな好き!


・コゲパンの「ぶん」に涙。
・ミス垣本の毒舌に笑う。ハガキに感動。
・ええとこの子テンコは理想のお金持ち。
・主人公,英一の優しさに泣く。


英一が著者を投影されてか,賢すぎる気はするものの,
彼が軸となって紡いでゆく群像ドラマは,
感受性豊かで素直で優しくてあたたかくて,
読後の満足感すこぶる爽やか。


会話が良い。
キャラクターが魅力的。
物語が味わい深い。


すべての家族に悲喜こもごもの歴史があって,
その積み重ねで人間社会は形成されているんだな。


英一の成長譚から,
人と人の輪を感じて嬉しくなった。




連続ドラマも良かった!





4062162229小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
宮部 みゆき
講談社 2010-05-14

by G-Tools



B002HW5LXK遊星からの物体X [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2009-09-18

by G-Tools