湊かなえ 著 
宮部みゆき著「理由」のように,
証言形式で展開が進む犯人推理もの。


警察はちゃんと捜査してるの?


激情に駆られ,魔が差した末の悲劇の連鎖に溜め息。


繋がりを求めていながらも排他的。
希薄な人間関係。
プライド。
自己中心的。

様々な問題を内包した事件の数々を,
ドロドロしたイヤぁ〜な空気感ながらも,
さくさく読めてしまう筆致と構成の巧さで,
最後までイッキに頁をめくっていけた。

ただ,締めがいまいち。

終章がちょっと蛇足というかありがちというか・・・


贖罪というより告白。


「告白」を「贖罪」にして,
今作のタイトルを「告白」にした方がしっくりくるような・・・。









4488017568贖罪 (ミステリ・フロンティア)
東京創元社 2009-06-11

by G-Tools