ブログネタ
面白かった本を教えて に参加中!
京極夏彦 著 
古典の怪談を京極テイストにアレンジする
「嗤う伊右衛門」「覘き小平次」に続く怪談シリーズの3作目。


今回は,1枚2枚〜の皿屋敷!


各人が持つ心の虚無が数を重ね,
闇に引き寄せられ,
やがて悲劇へと突き進む群像劇。怖い。悲しい。


役者が勢揃いして,修羅場&鎮魂の最終章が見応え。読み応え。


菊・・・。


満たされているようで,満たされていない「心」は,
いつの時代も共通テーマ。


人間愛が根底に流れる新生皿屋敷。


面白かった。








4120040909数えずの井戸
中央公論新社 2010-01-25

by G-Tools



現代語で読む「江戸怪談」傑作選 (祥伝社新書123)
現代語で読む「江戸怪談」傑作選 (祥伝社新書123)
祥伝社 2008-07-25
売り上げランキング : 278719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
現代語訳 江戸怪異草子 (河出文庫)
奇談異聞辞典 (ちくま学芸文庫)
江戸怪談集〈上〉 (岩波文庫)
江戸怪談集〈下〉 (岩波文庫)
江戸怪談集〈中〉 (岩波文庫)

B000HRMBK8人間国宝 一龍齋貞水の怪談DVD 青山家の井戸に身を投げた物悲しいお菊の物語り 番町皿屋敷 [江戸怪奇夜話し 第6話]
株式会社エムティアール 2006-08-15

by G-Tools