ブログネタ
オススメの本はありますか? に参加中!
桜庭一樹 著 
肉欲まみれのドロッドロな話かと思ってたら,
人間の持つ「氷点」のような原罪を,
じわじわと描いたドラマでした。


深い闇でもあり,
胎内にも似た神秘も伝える大きな海を背景に,
反発しながらも惹かれ合う
強烈な血の繋がりのエネルギーを感じて,
禁断の愛なのに,
「駄目!」
「最低!」
の言葉で片付けられないオーラを放っていた。


母性と女性を欲した男。
抗いきれなかった行動は勝手・・・。

残された花のその後が気になる。

美郎が遊び人ぽいし・・・。


さかのぼる展開と,
愛憎のドラマは面白いけど,
書き足らないと思えるところもあって,
人物たちの葛藤が上辺だけに留まり弱い印象も受けました。



 第138回,直木賞受賞作


私の男私の男
桜庭 一樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools