ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
薄味のミステリー
ain3.gif


第4回「このミステリーがすごい!」大賞を
受賞したベストセラー小説を映画化。

拡張型心筋症に施す術式「バチスタ」を,
連続成功させたチームが,3回続けて失敗。
その原因究明を,不定愁訴外来(通称「愚痴外来」)の田口公子と,
厚生労働省の白鳥が解明してゆく。


女性に変更された原作の主人公,田口に抱いた不安はすぐに解消。

手術に詳しくない素人目線で,
観客と作品の橋渡しをしてくれて,
なおかつ魅力を伴った人間味も感じ,
違和感なく映画の世界観に入ってゆけた。

頼りなさと,ほんわかした優しさが同居した女性を,
竹内結子さんが自然に好演。

相手となる白鳥は,
嫌なヤツなのに,憎めない。
優れた行動力と洞察力が頼もしい。

阿部ちゃんのハマり役が,またひとつ増えました。

田口&白鳥シリーズの
「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの凱旋」
「螺鈿迷宮」の映像化もいけるかも。


みんな犯人っぽい,
一筋縄にいかないチームバチスタの面々は,
結束力が見えなくてバラバラ。

自我の集まりという意味では,現実味あるものの,
個性的な集団までは,あと一歩足りない。

終盤の解明劇はやや見応えがある反面,
それまでの,命が失われているのに深刻度が低く,
緊張感のない緩いゲーム的な世界観が,
ドラマに真実味を与えておらず,
その結果,高い技術を持つ慢心,
医者不足,縁の下の力持ち麻酔医の多忙,
先生の孤独など,
医療の問題が見えるだけで伝わらず,
ただ感じの悪さだけが残った。

しかも,キャラクターの描き方が,
俳優のイメージにマイナス作用していて可哀相。

 誰と誰かはネタバレになる為,書きません。


激昂する意味が分からないMRI技師,
会話に挿まれる微妙な間,
アップの多用,
わかりやすく煽る音楽。

「レモンティー」
ロックの重低音は心臓に悪いんじゃあ・・・。

安っぽい演出と,
ソフトボールで終わる締め,
雰囲気を台無しにするEXILEの歌に不満。

田口先生が患者に励まされる場面で終わった方が・・・。


エンターテイメントとしても,
ミステリーとしてもいまいちでした。


これなら,「医龍」を映画化してくれた方がよっぽど・・・。


監督,この映画に乗り気じゃなかった?


期待した気分がおさまらない消化不良は,
原作を読み返すと,気持ち良〜く解消されます・・・。


原作者の海堂尊さん,アガピ君のストレッチャー押してます。。



監督:中村義洋

出演:竹内結子,阿部寛,
   吉川晃司,池内博之,
   玉山鉄二,井川遥,
   田口浩正,田中直樹,
   佐野史郎,野際陽子,
   平泉成,國村隼 ほか

上映時間:120分


公式サイト


・・原作の感想

・・ドラマ版


・・映画第2弾ジェネラル・ルージュの凱旋」



ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ








チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
竹内結子 阿部寛 吉川晃司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



チーム・バチスタの栄光オリジナルサウンドトラックチーム・バチスタの栄光オリジナルサウンドトラック
サントラ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
海堂 尊


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
海堂 尊


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チーム・バチスタの栄光 (ワンダーランドコミックス) (ワンダーランドコミックス)チーム・バチスタの栄光 (ワンダーランドコミックス) (ワンダーランドコミックス)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools