ブログネタ
ミステリ小説 に参加中!
宮部みゆき 著
 「コラブロ」ネタのタネ企画「本のタネ」



小さい頃から本が好きで,
絵本,江戸川乱歩,ファンタジーなどを読んでましたが,
小中高と体調が良くなかった影響で,
本腰を入れて集中できなかった。

1999年頃かな,安定して元気を取り戻し,
ようやく趣味にちゃんと向き合えるようになり,
ふと家の中を見渡せば,
本棚には,読んでいない作品がいっぱい。

目に入ったジャケットは「魔術はささやく」
著者は宮部みゆき。
知らんなぁ。
魔法が出てくるファンタジーかな?

「どんな本?」
母に聞くと「10年前やもん買ったん。忘れたわ」
「・・・」

まぁ,ええわ,読んでみよ。

本を開いて文字を追う。
飛ばし読みせず,途中で投げ出さず,一日半で読了。

めっちゃ面白かった。

無関係に見えた三つの死が繋がってゆく展開,
先が気になるミステリーの魅力に取り憑かれ興奮。

以降,宮部みゆきさんにハマる。


読書を本当に好きにさせてくれた記念碑的な思い出の1冊です。





魔術はささやく 新装版 (Miyuki Miyabe Early Collection)魔術はささやく 新装版 (Miyuki Miyabe Early Collection)
宮部 みゆき


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

魔術はささやく (新潮文庫)魔術はささやく (新潮文庫)
宮部 みゆき


Amazonで詳しく見る
by G-Tools