ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
愛と歌で駆け抜けた生涯。
ain4.gif


本名「エディット・ジャヴォンナ・ガション」
のちにエディット・ピアフ(小雀)と名乗り,
フランスを代表する名歌手となった女性の人生を描く。


コメディエンヌぶりを自然に表現した
幼少時の子役が可愛い。

ティティーヌに幸あれ。

聖テレーズ,ピアフにもっと幸福を・・・


両親のその後を筆頭に,
あらゆるドラマが中途半端。

物事が突然起きる展開のオンパレード。

編集にぶつ切り感。

マルセルに惹かれたのは何故?
娘と同じ名前だから?

素行の悪いピアフを好きになれず,
自分のせいやんとツッコミ,
長いなぁ・・・と退屈を覚えはじめた時に訪れる
「シックスセンス」並のマルセルショックのあたりから,
愛のために歌に生きた彼女の気持ちを理解できるようになり,
海辺のインタビューが共感に決定打。
ボクシングのしつこさも
ステージをあまり見せてくれないストレスも消え去る
終盤の濃密なドラマに引き込まれた。

人生を反映させ,
その都度の心境,感情を歌詞にのせて歌い上げる音楽の数々が,
年輪を重ねてゆくピアフの姿に溶け込み,
画面からダイレクトに響く感動に泣いてしまう。

歓楽&悲喜こもごもが満ちるフランスの雰囲気を背景に,
過去と現在を交差させながらも,
ややこしく感じさせず,
ジンワリと余韻を植え付けてゆく構成も見事。

そして何よりも主演のマリオン・コティヤールが素晴らしい。

「ロング・エンゲージメント」の復讐ティナなんですね。

まるで別人。

奔放で,酒癖悪く,キレやすい情熱家でありながら,
愛し愛され,傷付き,不安と喪失感を抱えた
人間的魅力を持つエディット・ピアフの短い生涯を,
剽軽な顔立ちに歩んできた過去を年輪のように刻み,
姿だけで,バックボーンを想像させる熱演に拍手。

渾身とは,まさにこの事。


何も感じなかった巻き舌の曲が,
観賞後,心から好きになりました。


ネタバレ満載のパンフレットに掲載の年表に驚く。
真実は,めっちゃ波瀾万丈やったんですね・・・



原題:LA MOME

監督:オリヴィエ・ダアン

出演:マリオン・コティヤール,
   マノン・シュヴァリエ,ポリーヌ・ビュルレ,
   シルヴィー・テステュー,
   エマニュエル・セニエ,
   ジャン=ピエール・マルタンス,
   マルク・バルベ,ジェラール・ドパルデュー 他

上映時間:140分


★ 第80回アカデミー賞:主演女優賞,メイクアップ賞を受賞




ポチッと。。 → にほんブログ村 映画ブログへ




LA VIE EN ROSELA VIE EN ROSE
マリオン・コティヤール シルヴィー・テスチュ パスカル・グレゴリー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



エディット・ピアフ~愛の讃歌 サウンドトラックエディット・ピアフ~愛の讃歌 サウンドトラック
エディット・ピアフ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エターナルエターナル
エディット・ピアフ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



  
Edith Piaf - The Voice of the Sparrow - The Very Best of Edith Piaf - La Vie en Rose



エディット・ピアフ コンサート&ドキュメンタリー
エディット・ピアフ コンサート&ドキュメンタリーエディット・ピアフ

東宝 2007-09-21
売り上げランキング : 530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
エディット・ピアフ~愛の讃歌 サウンドトラック
素顔のエディット・ピアフ DVD-BOX
わが愛の讃歌―エディット・ピアフ自伝
エディット・ピアフ
ピアフの詩(うた)