ブログネタ
ダイ・ハード4.0 に参加中!
デジタルはアナログに勝てない!
ain4_5.gif


 23日,先行ロードショーにて


12年ぶりのシリーズ最新作。

今度の敵はサイバーテロ。


20世紀FOXのロゴが停電するニクい演出で幕を開け,
9.11後の世界観を背景にした舞台を襲う数々のサイバーテロに,
交通機関,金融,電力が麻痺し,大パニックに陥る人々。

さぁ,そこから始まる矢継ぎ早の物量攻め!

ド派手,ド迫力!!

重量感,臨場感たっぷりの銃撃戦,カースタント。

多発する交通事故,エレベーターシャフト内でのスリル,
命令絶対服従の恐怖を体験する高速道路チェイスなどなど。


「アンダーワールド」で新しいヴァンパイアを映像重視で産み出した
ケイト・ベッキンセイルの旦那レン・ワイズマン監督を起用して大正解。

まだまだ開拓の余地があるアクションの可能性を垣間見せてくれた。


 最後の高速道路は,エスカレートしすぎで現実味薄まってる。。


登場するキャラクター達がみな個性抜群。

敵一味。

 倒すのが勿体なく思えるほどのマイと敏捷男。

 後者の男,次のスパイダーマンで敵役に抜擢してほしい。 生身で。w

 ボスも存在感。

 ラストは呆気なくても巧い逆転劇。


コンピュータの腕自慢という事件も実際に有り得そう。

お金に興味なしで,純粋にその行為だけの方が恐ろしさ際立っていたかも。


ジョンと仲間たち。

 マット,若い頃のキアヌ・リーヴス似。
 直感で守るに値すると思わせる性格&風貌。

 ルーシー,父親譲りの男勝りな性格。 二代目ジョン襲名も間近でしょう。

 ケヴィン・スミスがまんまのオタクで登場。 映画をユーモアで支える。

そして,ジョン・マクレーンは,奥さんと離婚。。

酸いも甘いも噛み締めた味のある男。

少なくなったぼやきが,深くなった懐を感じさせ成長を実感。

にやりとする粋な台詞も多数。

「アルマゲドン」「16ブロック」などのセルフパロディも楽しい。

危険を楽しむ余裕まで兼ね備えて,ものすっごいタフ。

普通死ぬで。


痛そうな姿は減り,
人を殺す重さも,ドラマも浅い。

アナログ VS デジタルも活かしきれていないし,
結局,印象に残るのはアクションの凄さと,主役の人間的魅力のみ。


シリーズ最新作というよりジョン・マクレーンの健在ぶりを見せ付けた今作。

「歳は重ねたが,まだ終わっちゃいないぜ」

そんな声が聞こえてきそう。



原題:LIVE FREE OR DIE HARD

監督:レン・ワイズマン

出演:ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,
   メアリー・エリザベス・ウィンステッド,
   クリフ・カーティス,ケヴィン・スミス,
   マギー・Q,ティモシー・オリファント 他

上映時間:129分


・・1作目の感想

5作目






B00A9OS85Qダイ・ハード4.0<特別版> [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-01-23

by G-Tools

B000VOCHR4ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-11-07

by G-Tools



B000RG13CQオリジナル・サウンドトラック「ダイハード4.0」
マルコ・ベルトラミ サントラ
ジェネオン エンタテインメント 2007-07-11

by G-Tools



B005NFMCLMダイ・ハード クアドリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-11-23

by G-Tools



参加しています。 ご協力頂ければ嬉しいです! → にほんブログ村 映画ブログへ