ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
ain3.gif


モロッコ,メキシコ,東京を舞台に描く人間ドラマ。


タイトルは,天に届くようなバベルの塔を作った人間の高慢への罰として,神が,人種と言葉を分けたとされる旧約聖書から。


重くはないんですが,
ホッとしない緊張の連続で疲れました。


音と明滅がしんどいものの,
チエコの孤独,疎外感を的確に捉えたクラブの場面。

ここだけで十分だから,その後の展開が余計に思える。


裸の必要はあるの?
刑事に抱きつく程度でいいのでは。

そういう事をして一人前になれると考える彼女の行動だとしても・・・


日本編は,
凛子さん,役所さん,二階堂さんの三人が
存在感もあり印象に残りはしますがストーリーからは浮いているような。


銃の繋がりが薄く説得力に欠ける。


三か国とも,ドラマの感情演出がドライなため,
心の叫びが画面から響いてこないし,
言葉の壁,人種の違いも表現不足。

救済と再生を,もっと劇的に映してほしかった。

解消されたの?と疑問が湧く終わり方もスッキリしない・・・


え,日本がメインだったの?


同じようなタイプの映画なら「クラッシュ」の方が好き。。


メキシコ(アメリカ):サンチャゴどこ行ったん?
           二人の子供が,いちばん過酷な体験を・・・
           デビーはダコタ・ファニングの妹。


モロッコ:重傷を負ったのに,結果はニュース映像のみ。。

     ずっと付き添っていた男性の誠実さが平和への鍵。








原題:BABEL

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

出演:ブラッド・ピット,ケイト・ブランシェット,
   役所広司,菊地凛子,二階堂智,
   ガエル・ガルシア・ベルナル,アドリアナ・バラーザ 他

上映時間:143分

★ 第79回アカデミー賞:作曲賞受賞



B007UUGHJGバベル [Blu-ray]
ギャガ・コミュニケーションズ 2012-07-03

by G-Tools





B000NDFKKEバベル-オリジナル・サウンドトラック
グスタボ・サンタオラージャ サントラ エル・チャポ・デ・シナロア ロス・トゥカネス・デ・ティファナ チャベラ・バルガス アース・ウィンド&ファイアー 小山田圭吾 コントロール・マチェテ リップ・スライム
ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-04-11

by G-Tools




参加しています。 ご協力頂ければ嬉しいです! → にほんブログ村 映画ブログへ