ブログネタ
東野圭吾 に参加中!
東野圭吾 著
人物と事件が入り乱れて,
最後まで気が抜けない小説。

核心へ向かって,じっくりと外堀を埋めていく展開。

主役二人の心情は一切描写されないから,
想像力を刺激されます。

切なく悲しいドラマを際立たせる
大人が犯す罪と,人間の闇。

重苦しい。。

ずしりとした読み応えでした。


映像は不可能だと思う。

でも,されました。

配役が,本のイメージと違う・・・


ドラマの感想




「幻夜」の感想


白夜行白夜行
東野 圭吾


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



白夜行白夜行
東野 圭吾


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



幻夜幻夜
東野 圭吾


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

幻夜幻夜
東野 圭吾


Amazonで詳しく見る
by G-Tools